Requires a javascript capable browser.
高崎店
0800-800-5771 コロナウイルス感染症の対策について ガイソーについて ガイソーのこだわり 店舗を探す リフォームメニュー メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品 お客様の声 お問い合わせ ボランタリーチェーン加盟店募集
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップブログ > 「屋根のカバー工法」ってご存知ですか?
ブログ
「屋根のカバー工法」ってご存知ですか?
2022年08月22日
 ブログをご覧いただきありがとうございます。
ガイソー高崎店の望月です。


屋根のメンテナンス方法の一つとして「カバー工法」というのがあるんですが皆さんご存知ですか?

最近非常に増えてきていますので簡単にご説明します!!


屋根のカバー工法は、古い屋根の上に軽い屋根を張って被せる工事方法のことです。
古い屋根を剥がして処分する手間と費用がかからないので、工事費用と工事期間を抑えることが出来ます。
一般住宅では、コロニアル(スレート)の上に軽い金属屋根(ガルバリウム鋼板)等を被せる工事がよく行われています。




屋根カバー工法の最初の手順は、コロニアルの上に防水シートを貼る作業から始まります。

防水シートは、ルーフィングや下葺き材とも呼ばれ、最終的に雨漏りを防いでくれる大切なシートです。

もちろん金属屋根自体も防水機能が備わった構造になっています。この防水シートと屋根材の2つが新しくなることで、

長期にわたる屋根本来の機能を取り戻すことが出来ます。


ただ、すべての屋根にカバー工法が採用できるわけではありません。

カバー工法の条件の一つに、屋根面がフラットな状態であることがあげられます。ですので瓦屋根のように波立っている

形状の屋根には、カバー工法はおこなえません。また、屋根の下地が傷んでいる場合は、下地の補修が必要になりますので

専門業者に診てもらいましょう!!




ガイソー高崎店
お客様専用ダイヤル
0800-800-5771

来店予約 実際に商品が見たい、相談がしたい方はコチラ! ご来店予約でQUOカード1,000円分プレゼント!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!