Requires a javascript capable browser.

外装リフォーム専門店のガイソー高崎店

高崎店

0800-800-5771 コロナウイルス感染症の対策について ガイソーについて はじめにお読みください 会社案内 スタッフ紹介 リフォームの流れ ガイソーのこだわり 手塗りローラー工法 バイオ高圧洗浄 リフォームメニュー 外壁塗装キャンペーン 外壁サイディング 防水工事 屋根カバー工法 火災保険 メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品
おすすめ外壁塗料
おすすめ屋根塗料
おすすめ外壁・屋根塗料
外壁サイディング
屋根カバー工法
お役立ちコラム お問い合わせ 見積り依頼★好評 来店予約★好評 資料請求 オンライン相談 メール相談 カンタン見積り君 外壁・屋根診断 雨漏り診断 ボランタリーチェーン加盟店募集 メニューを閉じる
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップブログ > 台風で雨樋が破損したら、火災保険は使える?
ブログ
台風で雨樋が破損したら、火災保険は使える?
2021年09月13日
 いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ガイソー高崎店の望月です。

9月も半ばに近づきましたが、まだまだ台風には注意が必要ですね。
皆さんのご自宅は雨漏りなど大丈夫ですか?


お問い合わせのあったお宅に伺った際に「台風の影響で雨樋が破損してしまったんだけど火災保険って使えるの?」
とお客様に聞かれることがあります。台風時期にはよく頂く質問ですので少しお話しようと思います。


台風などの被害で雨樋が変形してしまったり破損してしまったりする場合があります。普段はあまり意識しないかもしれませんが
雨樋は外壁や土台を雨水から守る大切な役割を果たしているので、放置してよいものではありません。


雨樋が破損してしまった原因によっては、その修理代金について火災保険で補償を受けられる場合があります。
台風などの自然災害を原因としたものについては火災保険の補償対象となる場合が多いですが、契約内容などによっては
対象外となることもあります。雨樋の被害で多いと思われる風災・雹災・雪災は昔の火災保険だと
パッケージに含まれていて外せないことが多かったですが、最近の火災保険では補償内容から外せるものもあるので注意が必要です。


また、火災保険で受け取れる損害保険金は、契約時に定めた保険金額から免責金額(自己負担額)を引いた額が支払われます。
*免責金額を設定していない場合もあります。
また、昔の契約では損害額が20万円未満の場合は保険金が支払われず20万円以上では損害額から免責金額を差し引かずに
全額支払う
という方式になっている場合もあるので、保険会社や代理店に確認してみましょう!!



ガイソー高崎店
お客様専用ダイヤル
0800-800-5771

来店予約 実際に商品が見たい、相談がしたい方はコチラ! ご来店予約でQUOカード1,000円分プレゼント!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!